弱視 つるおか眼科クリニック 白内障手術・緑内障・網膜疾患・コンタクトレンズ など目に関するあらゆる疾患に対応します。

つるおか眼科クリニック
Tsuruoka-eye clinic
Tel.0779-64-5531
〒912-0031 福井県大野市月美町6-21
厚生労働省認定 先進医療施設 (多焦点眼内レンズを用いた白内障手術)

弱視

1. 弱視

赤ちゃんは生まれた当初は視力が低く、毎日ものを見ることによって、視力が発達します。
ところが、視力を発達させなければならない時期によく見えていないと、視力の発達が抑えられます。その状態を弱視といいます。

2. 弱視の原因

  1. 強度の遠視・近視・乱視がある場合、または度数に左右差がある場合。
  2. 斜視があるため、片方の眼が正面の目標を見ているにも関わらず、もう片方の眼が目標と違う方向を向いている場合。
  3. 先天白内障や眼瞼下垂などの病気や、眼帯などでものを見る訓練ができていない場合。

3. 弱視の治療

6〜7歳くらいまでに弱視と発見できれば回復が可能な場合が多いです。
強度の遠視・近視・乱視がある場合は、眼鏡を装用して見ることによって、視力の成長を促します。また、左右の視力に差がある場合は、視力が良い方の眼をアイパッチ(大きな絆創膏)で隠すことにより、悪い方の眼を使わせて視力の発達を促します。

斜視に伴う弱視の場合、先天白内障や眼瞼下垂などが原因の場合には、必要に応じてその治療を行います。

4. 弱視治療の眼鏡(メガネ)はいつまで必要?

弱視治療を克服して視力が発達し、裸眼でよく見えて疲れない場合は、眼鏡をしなくてもよくなります。
ただし、遠視があり、内斜視がある場合は続けなければいけないことが多いです。

つきみコンタクト

つるおか眼科クリニック

平日/8:45-12:00 15:00-18:00
日曜・祭日/休診
土曜/8:45-12:00(午後休診)
◎ 火曜日は午後手術

〒912-0031
福井県大野市月美町6-21
Tel.0779-64-5531
web http://www.tsuruoka-eye.com