花粉症、アレルギー性結膜炎 つるおか眼科クリニック 白内障手術・緑内障・網膜疾患・コンタクトレンズ など目に関するあらゆる疾患に対応します。

つるおか眼科クリニック
Tsuruoka-eye clinic
Tel.0779-64-5531
〒912-0031 福井県大野市月美町6-21
厚生労働省認定 先進医療施設 (多焦点眼内レンズを用いた白内障手術)

花粉症、アレルギー性結膜炎

1. 花粉症とは

植物の花粉が眼や鼻などの粘膜に接触することによって、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状が出る季節性アレルギー性鼻炎、目のかゆみ、充血、めやになどの症状が出る季節性アレルギー性結膜炎が生じます。
花粉症の治療で使用する薬には、内服薬、点鼻薬、点眼薬などがあります。

2. 季節性アレルギ―性結膜炎(花粉症)

季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)は、雑草、樹木やイネ科の植物の花粉が原因であることが多く、一定の季節に症状がみられることが特徴です。
時期はスギが春先で、他には、ヒノキ(3−5月)、カモガヤ(4−9月)、ブタクサ(8−10月)などです。

季節性アレルギー性結膜炎(花粉症) ヒノキ(3−5月)季節性アレルギー性結膜炎(花粉症) カモガヤ(4−9月)季節性アレルギー性結膜炎(花粉症) ブタクサ(8−10月)

アレルギーカレンダー(注意すべき時期)

アレルギーカレンダー(注意すべき時期)

3. 通年性アレルギー性結膜炎

主な原因としてはほこり、ダニや動物のフケなどのハウスダストがあります。

原因は常に身の回りにあるので、季節に関係なく症状が現れます。梅雨から夏や冬に症状が悪くなることが多いです。

4.コンタクトレンズとアレルギー性結膜炎

汚れたコンタクトレンズを装用することでアレルギー反応を引き起こします。また、アレルギー性結膜炎になっている方が、コンタクトレンズを装用すると、コンタクトレンズによって症状が悪化します。

特にソフトコンタクトレンズは、汚れやすいため、アレルギー性結膜炎を生じやすくなります。

5.アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎の治療には、抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬がよく使われます。抗アレルギー点眼薬は、副作用が少ないため、第一選択となります。

通常は抗アレルギー剤が使用され、重症の場合には弱いステロイド点眼薬を使います。

6.アレルギー性結膜炎の予防

  1. 花粉と接触しない=ゴーグルを着用したり、好天で風の強い日には外出を控えることで花粉を避けます。
  2. 点眼による予防治療=花粉の飛散開始の約2週間前にある種の抗アレルギー点眼薬を開始すると症状が軽くすみます。
  3. 汚れたコンタクトレンズを装用しない。

7.春季カタル

春季カタルはアレルギー性結膜炎より重症型で、男児に多く見られます。
春季カタルは、毎年春になると発症し秋と冬には症状が治まります。かゆみが非常に強く、角膜潰瘍ができて痛み、視力低下につながることがあります。

8.春季カタルの治療

今まで抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬が中心でしたが、最近では免疫抑制剤であるシクロスポリン点眼薬も発売され、効果が見られます。

つきみコンタクト

つるおか眼科クリニック

平日/8:45-12:00 15:00-18:00
日曜・祭日/休診
土曜/8:45-12:00(午後休診)
◎ 火曜日は午後手術

〒912-0031
福井県大野市月美町6-21
Tel.0779-64-5531
web http://www.tsuruoka-eye.com